結婚祝いを贈る際にどんな物を贈る方がいいのか、どれぐらいの期間までに贈ったほうがいいのか詳しくわからない方に、礼儀や風習等をお教えしたいと思います。まず、結婚祝いを贈る時期は大体結婚式が行われる前一か月前から一週間までにお贈りするといいです。荷物になりますので結婚式当日に持参するのは新郎新婦にとって迷惑になりますのでよくありません。ですので、自宅まで持参するか配送するのがとてもいいです。

結婚祝いにお贈りするもので贈ってはいけないものもあります。例えば食器やコップ等の割れる物や、包丁やハサミ等の切れる物もよくありません。これは縁を切る等のイメージがある為に基本こういったものを贈る事はしません。ですので、贈りものとしては割れたりしないキッチン用品やコーヒー等を飲む方でしたら、コーヒーメーカー等も人気で、ライトやアロマグッズ、クッション等のインテリア商品もとても喜ばれます。

また贈り物として人気な物の一つに、花束やフラワーアレンジメント等のお花の贈り物も多いです。しかし、フラワーアレンジメント等は一応本物のお花ですので最終的には枯れてしまいます。ですので、最近はプリザーブドフラワー等が主流で、このプリザーブドフラワーは、本物のお花を特殊な液で加工し、本物のお花でしたら一週間程で枯れてしまうのが、半永久で楽しめる事ができますので、贈り物としてはとてもよく、金額も1000円の物からありますので選びやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です