出産内祝いは、宮参りを行う生後1か月ごろに送るのが慣例となっています。出産祝いを頂いた方へのお返しとして贈るものですが、品物を何にしていいか迷ってしまった場合には、カタログギフトを贈ると良いでしょう。出産内祝いに贈るものには特に制限はありません。そのため、できれば贈る方の好みに合ったものを贈りたいものですが、全ての方に好みに合うかどうかはわかりません。

また、実際に出産内祝いを貰った人のアンケートでは「好みじゃないものを贈られた」「名入りや写真入りの品物を貰っても…」という声もあります。そのため、贈られた人が好みのものを選択できるカタログギフトの方が幅広い人に対応できます。他にも、出産1か月というお母さんにとっては忙しい時期に、わざわざ買い物に行くのは大変なことです。カタログギフトならば金額だけ決めてしまえばカタログや商品の発送はすべてお任せしてしまえるので、生まれたての赤ちゃんを連れて大変な外出をする手間も省けます。

金額も高額なものから低額なものまで各種揃っていますし、無料で写真入りの命名カードをつけてくれるサービスを行ってくれるところもあります。「こういう名前をつけました」という赤ちゃんの命名のお披露目でもあるため、忘れることなく品物に添えて送りたいものです。「お返しにメッセージもなかった」と言われることを避けることもできますし、相手の方にも御礼の気持ちをしっかりと伝えることができます。ノベルティのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です