出産に際してお祝い金やお祝いの品をいただいた場合、お返しの品、いわゆる出産内祝いを送るのがマナーです。出産内祝いを送るタイミングは、出産してから約1か月後、お宮参りを行うころがよいとされています。いただいた金額の半額程度の商品をお返しするのが通例で、半額以上の商品を送ってしまうとかえって失礼になるので注意が必要です。本来であれば、一人ひとりの好みに合わせ、感謝の気持ちを込めた商品を選ぶことができればよいのですが、産後はなかなか忙しく準備が難しい場合があります。

一般的には好き嫌いの少ない食べ物やよく使用する日用品を選ぶと無難です。品物選びに困ったときにおすすめなのが、カタログギフトです。カタログギフトとは、プレゼントしたい相手に、さまざまな商品が掲載されているカタログを送り、相手はそのカタログの中から自分の欲しい商品を選ぶことができるというギフトです。相手の気に入らないものを送ってしまうより、欲しいものを選んでもらえるところが人気の理由です。

出産内祝いをはじめ、結婚内祝い、香典返しなどのお返しのギフトとして、最近よく利用されています。誕生日やイベントの景品として用いられることもあります。食品や日用品、衣料品、おもちゃ、アウトドア用品などさまざまなジャンルの商品を選ぶことができます。値段の異なるカタログが用意されているので、お返ししたい金額のカタログを選ぶだけで準備が完了でき、大変便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です